塗り替えのサイン

「塗り替えするならいつがいい?」 そんな疑問にお答えします

「塗装は大切と言うけれど、いつ塗り替えればいいのか分からない」
「分かりやすい塗り替えのタイミングは無いかな?」

こういった方のために、こちらで塗り替えのサインをご紹介していきます。
ご自宅の外壁に以下のような症状が出ていないか、ぜひ確認してみてください。

【 危険レベル:★★★☆☆ 】チョーキング(手に白い粉がつく)

お住まいの外壁を触ってみてください。
手に白い粉が付いた場合、塗装の劣化が進んでいるサインです。

これはチョーキング現象といって、紫外線によって塗装が分解され、粉状になってしまっている状態。
このまま放っておくとひび割れや歪みを起こし、その隙間から雨水や湿気が侵入してしまうおそれも。

塗り替えの目安は、このチョーキング現象が見られるタイミングがベスト。
これ以上症状が進行してしまうと、外壁の補修などで余計な費用がかかってしまいますので、ご注意ください。

【 危険レベル:★★★★☆ 】ひび割れ(クラック)

外壁にこのようなひびが入ってしまうと、ひびの裂け目から雨水や湿気などの水分が下地部分へと染み込み、建物の耐久性はますます下がってしまいます。

これは大きなひび割れだけではなく、爪先が入らないほどの細く目立たないもの(ヘアクラック)でも注意が必要。

どんなに小さなひび割れでも、建物の内部に水分が侵入すれば昼夜の寒暖差などで凍結・膨張し、ひび割れを内部から押し広げてしまうおそれがあります。

決して油断なさらず、早めの対策をご検討ください。

【 危険レベル:★★★★☆ 】汚れ(カビ、錆、コケなど)

塗装の本来の役目であるコーティング効果が切れてくると、外壁は汚れを弾くことができなくなり、結果汚れやすくなってしまいます。

様々な汚れがありますが、中でも気を付けたいのがコケや藻、カビなどの汚れ。
これらの汚れが発生している時は、防水性・抗菌性・外壁の含水率が上がっている証拠です。

外壁が長期間湿気にさらされた場合、外壁や屋根は強度が落ち、少し力を加えただけでも表面がポロポロと崩れてしまうことも。
このような症状が出ているのであれば、劣化はかなり進行していると思っていただいて間違いありません。
ぜひ早急な対処をお考えください。

【 危険レベル:★★★★★ 】塗装の剥がれ・めくれ

「塗装の剥がれ」は、外壁からの深刻なSOSサイン。
外壁を守っている表面塗装が一切無いので、わずかな雨水でも簡単に内部に侵入し、建物の耐久力を弱らせてしまいます。

この状態では塗装や部分補修だけではカバーしきれない箇所もありますので、部材の交換や下地処理を念入りに行わなければなりません。
そのため、このような状況になる前に塗り替えを行うようにしましょう。

塗装は費用面でも効率の良いメンテナンス方法。
そのメリットを最大限活かすには、適切な時期にリフォームを行うことが重要です。

【 危険レベル:★★★★★ 】雨漏り・壁のシミ

今度は外壁ではなく、室内のクロスなどにシミを発見したら赤信号!
雨水が外壁から侵入し、室内にまで到達した可能性が高いです。

このまま放っておくと柱や骨組みまで腐食してしまい、大規模な修繕をせざるを得ない状況も想定されます。

またカビの胞子が空気中に蔓延すると、アレルギーを引き起こしかねません。

建物にも人体にも影響を及ぼすものなので、シミやカビの発生には特に注意し、万が一そのような事態になってしまった場合はお早めにご連絡ください!